エンベディッド・バリュー(EV)

 

生命保険会社の企業価値や業績を評価する手法の一つで、生命保険会社の算出時点で保有する資産や保険契約の価値のうち、最終的に株主に帰属する部分を評価している。「修正純資産」と「保有契約の将来利益現価」の合計として計算する。
修正純資産は、貸借対照表の純資産から計算され、資本性のある内部留保(危険準備金など)や資産の含み損益を純資産に加えたもの。また、将来利益現価とは、算出時点の保有契約が将来どのくらいの利益をもたらすかを現在価値にしたもの。

生命保険契約は、契約初年度に契約獲得のための費用が多くかかることなど、収入と費用の発生するタイミングが一致せず、契約を獲得してから利益が生じるまでに時間がかかるという特性があるため、エンベディッド・バリューが指標に使われています。

 

関連用語